みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

またもやN響定期演奏会

 デュトワ指揮、①ストラヴィンスキー「幻想的スケルツォ 作品3」、②サン・サーンス「ピアノ協奏曲第5番ヘ長調作品103」、③ストラヴィンスキーバレエ音楽 火の鳥 1910年全曲版」だった。
 NHKホールに向かってみると、前の並木でなんと大江戸骨董市をやっていた。席をとった後、20分ばかり覗いてみる。有楽町の国際フォーラムとは雰囲気がちがって、のどかな印象。久々の骨董市で楽しかったが、寒いなか歩き回ったのは音楽を聴く前にはあまりよくなかった。
 サン・サーンスのピアノ協奏曲。ピアニストとオーケストラとの調和がすごかった。アンコールも素敵だった。
 印章に残ったのはやはり後半の「火の鳥」。休憩の間にあわてて冊子に載っているあらすじを読むが、覚えられるはずもなく、ページを開きっぱなしにして照らし合わせながら聴くことになった(音がしないよう注意はした)。なんだかすごく面白かった。1曲目もそうだが、各楽器の音も堪能した感も。今朝さっそく、別演奏者だが借りてきていたCDで復習してしまった。

広告を非表示にする