みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

またもやN響定期

 今日は「イワン雷帝」。歌があるものは、歌詞の内容がわからないとつらいので予習はほぼしていなかった。が、昨日FMで少し聴いた後、ネットでイワン雷帝について少し読んでみたりした。おかげで今日は字幕の意味がわかりやすかった。
 語りは愛之助。これがすごくよかった。マイクを通すと、声の良さが際立つような気がする。また歌舞伎を見にいきたくなった。
 合唱と、オーケストラと、ソロ歌手2人。主役は合唱のような印象だが、みな素晴らしかった。最後のハミングが発展していくのが圧巻だった。
 字幕がよく見えず、オペラグラスで読む状態だったのが難点だった。メガネも作って、席も自由席の中では前のほうの席だったが、画数の多い漢字が多いとやはりつらかった。