みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

読んだ本「哲学する子どもたち」

 だいぶ前に新聞で紹介記事を読み、興味をもった本。フランス在住で、子供がフランスの学校に通い、触れることになったフランスの教育事情(主に中学・高校か)の様子が読みやすく描かれる。日本と違っている箇所に力点が置かれるのだろうが、フランスでの価値観から譲れないところ、合理的なところ、社会の変化を映すかのような制度の変化やその対応など、いろいろ含んでいて興味深かった。教育制度の変遷もわかりやすく触れられ、以前驚いた、学校でのブルカ着用禁止といったニュースにも、背景はあるようだ。正解は1つではないにしても、いろんな背景の結果が今の制度で一面ではとらえられない、と思った。それにしても、試験がほとんど記述か口述というのは恐れ入る。問題がいくつか例示してあったが、まったく答えられない。