みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

読んだ本「アリガト謝謝」

 読んでみたい、と思ってから実際ページをめくるまでかなり間があったので、読んだ書評の内容等全く忘れた状態で本を開いた。3.11の後、世界各地が義捐金や支援を送ってくれたが、金額的に突出していたのが台湾。寄付がどんな感じで集められたのか、どのように届けられたのかのいくつかのエピソード、その謝意を伝えるための日本の有志一同による新聞広告の発端から実現への過程が小説としてまとめられている。台湾の人々の困っている人への姿勢、各年代ごとの日本への思い。かなり年配の、日本統治時代を知っている人の言葉「日本は大切なものを残していってくれた」「遵法の精神、衛星観念、秩序」というくだりは特に印象に残った。台湾では寄付が禁じられているという。募金をつのろうという場(大学?)でも大手を振ってできることではなかったとの話もある。でも実行し、黙認されていたのは金額を考えてもすごい。懐が大きいのか。
 懐が大きいといえば感謝広告の掲載もだ。個人が(実際は有志だが)感謝広告を出すことを即座に了承する。本にも日本の新聞だったら…という記述もある。有志で謝意広告を出した、という話は聞いたことがあったが、そのくだりを小説だが知ることができよかった。