みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

オーディオ機器の続き

 「音が古臭い」と思ったときと今とは、アンプ・スピーカーともに別物だが、ほぼ年代は同じく30~40年前のもの。売り場でもちろん今売っている機器。いろいろ聴いてみる、といっても、かなり状況が異なるので雰囲気を伺いに行く程度。売り場で聴くとどれもよさげに聴こえる気が前にしていたし、すでに設定されているものを聴くのが関の山で、同じソースのものを聴くわけではないし、売り場全体の雰囲気や、周りが騒がしいため音量も大きく、それだけでも聴こえ方はかなり違うと思う。機器によって位置の関係も違い、少し上方から音がでているとそれだけで響きよく聴こえたりする。アンプもスピーカーもプレーヤーも違うし、ハイレゾ音源の入ったUSBからの音が出ていたりする。行ってみて、何も比較できない気もしていたが、とりあえず行ってみた。
 行ってみたが、上記の通りで、家にあるものとはなんの比較にもならなかったが「いろんな機器の音を聴いてみる」ことは多少はできた。とりあえず、戻ってきたアンプと今のスピーカーの音は私はけっこう好きだし、それでいいことにしようと思っている。以前気になった古臭さはなくなっているし、たまたまではあるが、聴くジャンルにもけっこうあっているような気がする。なにか気になることがでてきたら、また考えよう。