みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

携帯を換えてみた

 前回機種変更をして2年数か月、携帯電話の利用料金がすごいことになっていることに先週気がついた。ネットでも料金は確認できるのに、今まで何もチェックしなかったのがバカだったのだが。そういえば以前、「携帯電話の料金をお安くできるプランがあります。」といった案内の電話がかかってきていた。平日の昼間でゆっくり話を聞けなかったし、いきなり電話で、というのも怪しいし、折り返しもできなそうだったので、何もしなかった。考えてみたら、ぺナルティなく変更できる月で、そこでどうにかしないと他のキャリアへ移る人が多いのかもしれない。

 契約を確認したり、ショップに行って話を聞いてみたりしたが、あまり料金をカットできる要素がない。MNPでキャリアを変えれば、いろいろ割り引いてくれたりするようだが、メールアドレスを変えるのは今は避けたい。仕方ないので、ネットで見つけた「ガラケースマホ2台持ち」をしばらくやってみることにした。

 で、この土日はその設定や変更の手続きに明け暮れてしまった。スマホのネット用途に買った海外版SIMフリースマホがあまり電波をキャッチしないようで、安定しない。その後、「海外版のスマホは対応周波数が違う」という記事を見つけたりする。。普通にスマホを持ちたいだけなのだが、なかなか一筋縄ではいかない。SIMカードを入れ直したり、電源を切ったりしてみて、最初よりはましになったような気はする。デザリングもできた。Amazonの同機種のレビューでも、同様の使い方をしている人はいるようだし、しばらく様子をみてみようと思う。(このブログもずっと「見たまま」設定にしているくらいなので、デジタル・ネット関連は疎いのです。)

 電話用途は、ガラケーにしたが、疑問点を質問しすぎなのかもしれないが、機種変更手続きにはかなり消耗してしまった。機種代金等々で当初ネットで読んだ記事より高くなってしまったが、ガラケー本体を自力で探す気力はもう残っておらず、1日でも早く料金プランを変更したかったのでスルーした。こういうところが、詰めが甘いのだろう。が、トータルでみれば変更前より半額以下にはなり(携帯でネットをあまり使用しないようにすれば!)、2年経過前よりも安くはなるはずなので、よしとしよう。ガラケーが3年縛りになってしまったことと、海外版のスマホの電波の掴みが不安材料ではあるが。

 

広告を非表示にする