読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

読んだ本 「これだ!オーディオ術」 「これだ!オーディオ術2 格闘編」 

 音楽を聴いていて、もう少しいい音で聴きたいと思うようになった。また、ときによってギターの音、ベースの音等々、追って聴きたいと思っても各楽器の音がごっちゃになってよくわからない。耳がよくない(音楽的には)のが大きいが、それ以外としては機器の問題?と数か月前に思ったのが、こうした題名の本を手に取ったきっかけである。といっても、出てくる単語の意味等々わからない箇所が多く、飛ばしたページも多かった。ただ、こんなに追い求める姿勢にはただただ感嘆した。オーディオ中級者だと、全然別だとは思うが、初心者の手前にいる私がこの本を読んで思ったことは次のような感じだ。著者の思いとはかなりかけ離れるとは思うし、今すぐ役立てることもできないが。
・改善点はいくらでもある。
・何ができて何ができないか、見極めが大切。
・知る人ぞ知るメーカーも多い。名前を知らないから×ではない。
・直観も大切(知識経験に裏付けされた直観であれば)。
・生音を聴く機会を多く持とう。