読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんとのつぶやき

読んだ本、聴いたCDの感想などをつらつら書いています。

N響定期

 先週に引き続き、N響の定期公演。
 前半のベートーベンピアノ協奏曲は、意識がなくなったりまた覚醒したり、の繰り返しで、結果的によくわからなかった。昨日FMで聴き、その後ネットで「フェザータッチ」「天国のよう」(第二楽章)という表現を発見し、その通りだと思い、生で聴けるのを楽しみにしていたのだが!CDを聴いて(別の曲だが、同じ曲を演奏者別で聴いてみていた)、そのしなやかな演奏にびっくりして名前を憶えていて、楽しみにしていたのだが!唯一、アンコールの演奏はきちんときけた。とても素晴らしかった。
 後半のブラームス交響曲4番。曲をよく知らない私でさえ「??」と思うような、出るべき音がでていないというか、すっぽ抜けたようなところが最初多少あった気がした(しかし本来はどうなのかはわからない)が熱演だった気がする。予習で聴いていたCDよりも強弱・緩急共はっきりしていてびっくり。苦悩の旋律が変化していく感じに思った。予習時は、ほとんど通勤時間にイヤホンで聴いていたので、主だった音しか聴こえてなかったのもよくわかった。指揮者の体全体を使っての指揮ぶりはすごかった。
 今日は、先週とくらべたら演奏中の観客の咳の音が少なかった。以前、映画館で映画を鑑賞中、隣の人から突然「静かにしてもらえませんか」と言われたことがある。咳をしていたわけでも、鼻をすすったりかんだりしていたわけでも、何かをさがして鞄のなかを探っていたわけでも、もちろんしゃべっていたわけでもない。全く訳がわからなかったが、映画は途中なので質問するわけにもいかない。唯一可能性があると思ったのは、その時持っていた革製の鞄だ。座席に座っていて、基本的にそう動かないが、多少手の位置を替えたり、足を組み替えたり、ということはある。その拍子に膝の上の鞄の革が多少動いたり擦れたりした音が気になったのだろうか。ただ、私自身はその音にはまったく気がついていなかったし、注意して聴いてみても「音」というほどのものではない。何が気になるかは人によって異なるかとは思うが、へんな言いがかりをつけられたと思って、特に気にしていなかったが、音関連で久々に思い出した。

広告を非表示にする

またもやN響定期へ行ってしまった

 今日はもともと行かないつもりだったが、昨日午後「やはり生で聴きたい」と思いチケットを買ってしまった。自由席はあと数席という表示で、間に合ってラッキーだった。
 昨日聴いたFMの生放送との聴こえ方の違いに少々戸惑う。生だと立体的だし強弱その他表情がとても豊かに聴こえる。当たり前だが。彩り豊かな部分が平坦につぶされのが、自宅のオーディオ機器から出てくる音といった感じか。どうにか、もう少しましにしたいが、、、。
 以前までは、なるべく事前に違う演奏者のCDを聴いて違いがわかれば等々、いろいろ考えていたが、無理。なので、その場の演奏を楽しもう、と思いつつ聴く。マーラーの1番はすごかった。曲のよさがわかったとはいえない私でも最後は感極まった。生で聴けてよかったと思う。

読んだ本「変身」

 東野圭吾著で、部数もかなり出ているらしい本。先日から何度か表紙を目にする機会があり、なぜか目に留まっていたが、読み始めて納得。以前読んだことがある本だった。
 前半は読むと「ここは以前も読んだ」という気がするものの、結末は全く思い出せず、読み終えた後も記憶になかったのが謎だ。読み始めた本は、たいていの場合読み終えようとしてきたと思っていたが、この本は違ったのか。
 ストーリーは奇想天外のSFもどき(?)だが、大半の読者(私も含む)にとって「それしかない」という感じの結末のような気がする。物事の進行具合とは多少逆行した結末。その結末に至る過程は、主人公の最後の試みというか、反抗なのかもしれない。不幸中のごく小さな幸い、というか、ごく小さな救い、といった感じで、ホッとはするが、本当は見たくない嫌な芽を見なくてすんだ結末、という気がした。どんな性格であれ、自分は自分なのだ、ほかにとって替われるものではないのだ、ということを認識させられた。
 

広告を非表示にする

読んだ本 「愚直」論

 こんどパナソニックの代表就任予定という方が、12年ほど前に自分がどのように仕事をしてきたかについて書いた本。松下時代、MBA留学時代、帰国、転職後の職歴。一言で言えば本の題名になるのかと思う。トップになる人、成果を残す人はこんなに頑張っているんだ、と読みながら茫然としてしまったのが第一の感想か。簡潔で読みやすいのだが、この明快な文章の裏に実際はどれほどの物事が詰まっているのか。とくに人の上に立つようになってからの部分は、文量は多くないものの、おなかいっぱい状態で前に進まなかった。もう10年前に読みたかった本だ。

読んだ本「失点インザパーク」

 先日「かなわない」を読んで、そのだんなさんの本に少し興味をもち読んでみた。著者についてはラッパーであるということしか知らないし、ファンでもない。自伝というと大げさかもしれないが、ある程度の時期についてありのまま書いているらしい。さらっと読めてしまうが、内容なかなりありのまま、赤裸々だ。文章から、素直でまじめな人柄なのだろうと思う。本のなかでアル中の治療をしているが、この本自体10年以上前の出版。「かなわない」のなかできちんと生活されているので、アル中は脱し続けられているのだな、とほっとした。ラップは聴かないし、DJとか、正直どういったところがおもしろいのか全くわからないのだが、ほんの少しだが描写されているのが興味深かった。

ヘッドホンが壊れた。。。

 先日、いつも使っていたヘッドホンが壊れた。パーツ名称がわからないが、耳に当てる部分と頭の上を通るアーム部分を繋いでいる蝶番部分が摩耗したらしく、外れてしまったのだ。コードが切れたわけではないので耳に当てれば音は変わらずでる。何日か、手で外れた部分を組み合わせて頭につけて使っていたが、しばらくすると、ヘッドホンが外れて顔に当たったりする。ずっと手で押さえているわけにもいかず、これでは使えない。
メーカーのサポートに質問してみたら、そのパーツのみという修理の仕方はないそうで、本体交換になるという。もう3-4年使っていて、もちろん保証はない。金額も新品を買うのと同じだし、それなら同じモデルでなくてもよいので、修理は依頼しなかった。
 某通販サイトのレビューをみたら、使い始めて数日でも同じような壊れ方をしている人は多少いるようだった。私の場合、数年は使用できたのでその点はよかったかも。

 それで新たなヘッドホンを、といろいろ物色していた。給料日も近くなったし、いざ注文を!と思ったら、いきなり1割弱値上がりしていた。。。。なぜだ。

またN響定期公演

 昨日、またもやN響定期公演に行ってきた。チケットは完売で、自由席だと空いてる席を探すのが大変そうなので、開場時間前から並んでしまった。
 曲目は、シベリウスのバイオリン協奏曲とショスタコーヴィチ交響曲第10番。どちらも当然のように馴染みなく、CDを借りてきたり、前日のFMでの生放送を聴いたりして予習した。全然足りなかったが。
 ショスタコーヴィチの第10番。予習時・本番問わずきちんと聴けているわけでもよさがわかるわけでもないが、終わり方が唐突に思えて謎だったので、謎のままにならないようにと思いながら聴いていた。オーケストラはかなりの大編成で、すごい迫力。コントラバスが8台(だったと思う)並んでいたのは初めて見た。演奏の緊張感が最後まですごかった。生ならではだ。CDではわからない。前日のFM生放送時、解説の方が「ショスタコーヴィチは生が一番」と話されていたが、その通りだった。

広告を非表示にする